上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チチカカ湖は富士山と張る高さにあります。すごいですね。広さもパッと見海かな?と思うくらい。

そんな湖の中の島、太陽の島に行ってきました。


日本人にはあまり人気がないこの島に行った理由。
ウシュアイアで会ったコウヘイさんが、「太陽の島は雲がやばい。島みたいな雲がみれるよ。」って言ってたから。空好き、雲好きの私にはそれだけで行く理由になりました。


12時着のバスが、途中パンクして1時着。1時半のフェリーに乗らないといけないので、どっかのホテルに荷物を半分あずけようと思ってましたが、急いでチケットを取って船に乗り込む。

s-IMG_7919.jpg


島に着くとすぐ客引きの男の子が。泊まる予定だし、20Bに値切ってついていく。
が、村があるのは丘を登ったところ。日本なら「100段階段」って名前がつくだろう、長い階段が待ち受けてた。

s-IMG_7932.jpg


普段なら楽勝。でも、ここは標高3800m。さらに15kgのバックパックつき。

手で運ぶのは無理だったので背負える型にしたものの、、、きつい。2段あがるだけで息が上がる。はぁはぁと呼吸の音が尋常じゃない。

客引きの子が5Bで運んであげると言ってくる。頼みたいところだけど、私の所持金は50B札のみ。頼めない。。。

何度も何度も休憩して、2回ほどやさしい欧米人のツーリストに手伝ってもらいながら宿到着。

しぬかと思った。太陽の島に来る時は荷物は軽めに来ましょう。


途中で手伝ってくれたアルゼンチン人“れあんどろ”と島を回ることに。後で知ったことだけど、彼のパスポート、カードのサインは全部日本語のひらがなで“れあんどろ”。確かにだれも真似できないからいいかもねw

夕日を見に行くも、雲多くてあまり見れず。でも、すごくきれいな景色。ほんとに海みたいに大きいチチカカ湖。段々畑を現地のおじちゃんおばちゃんたちがのんびりと通ります。

s-IMG_7946.jpg

s-IMG_7933.jpg


夕食は卵と野菜、米を買って久々の自炊☆

s-IMG_7959.jpg


オムレツー♪のつもりが、具入れ過ぎて丸まらず。案の定スクランブルエッグに。よくあることです。


夜、満点の星空を見に外へ。が、曇ってて見れず。


そして朝、雨。

れあんどろにポンチョをもらって重い荷物を持ちながら船へ。乗ってからは天気回復して気持ちいい船の旅でした。

そのまま一緒にペルーに抜けて、プーノの町を観光。そして最後だから、とディナーを御馳走してくれました。
素敵なレストランで、おいしいステーキ、デザートまで。。カードをお腹ポーチから出して払う彼はしっかり者でかっこよかったです。最近日本人と居ることが多かったので、久しぶりにレディーファーストとかを受けたりして、なんだか久しぶりに女子に戻った気がしましたwありがとう、れあんどろ。また、ブエノスで会おう!!

s-IMG_7949.jpg


コウヘイさんの言うような、空は見れなかったけど、、、いい出会い、いい景色、太陽の島に来てよかった♪


s-IMG_7937.jpg
スポンサーサイト


塩湖に一泊した後は、2泊3日でウユニの国立公園などをジープで回ります。ドライバーはボリビア人ジョニー。25歳子持ち。ボリビア人には珍しく、真面目で運転の腕も料理の腕もいい彼。ジョニーのおかげでいいツアーになりました。

2日目からは2泊3日のツアーと合流。メンバーは私たち2人(日本語、英語、すこしのスペイン語)と、もう一人日本人男性1人、コリアンの男の子2人(一人は韓、西、少しの英語。もう一人は韓と少しの西。)と、スイス人女子1人(独、西、英)。

1時間半遅れてプラヤブランカに迎えにきた。どうやら、ジョニーが食糧買うの忘れてて、買い出ししてから来たからだそう。でも全然頭に来ません。なぜならそれだけ余分に塩湖に居れたから♪

イスラ・デ・ペスカド(魚の形の島)に寄って、名残惜しみつつ、塩湖を出ました。宿に向かう途中、雨が。どんどん水は溜まり、本来行きたい方向の道にいけません。

s-IMG_7612.jpg


ついにはいける道ずべてが水没。もう戻るしかないか…と思ったとき、ジョニーが外へ出た。車の後ろで何かしてる。


トイレか!!!!

大雨のなかこんなときになにしてんのー!!
(て、私は思ってたけど、ほんとに道を確認してただけみたい。ごめんね、ジョニー。)


s-IMG_7615.jpg


水没した道へ車を走らせる!!これはドライバーの腕の見せ所!!正直、はまってみんなで押すことになるんじゃないかと覚悟してました。

無事脱出。

拍手喝采!!!!

と思いきや、拍手してるのは2人だけwみんなもっとジョニーをほめようよ!!


宿はほんとに小さな町にありました。電気は7時から9時の2時間のみ。でも、ホットシャワーが使えました。前日も、明日もお風呂入れないから、この日のシャワーがほんとにうれしい!!

しかも、、、KITZ!!!!!

s-IMG_7650.jpg


私のバイトしてたKITZスポーツクラブのもとのバルブ会社のものが、こんなボリビアの名もわからない小さな町にありました!!日本でも見たことないのに!!この感動をどうしても金沢文庫民に伝えたくて撮影。

こんな町でもカーニバルが。一緒に踊ってみた。
s-IMG_7642.jpg


このツアー。ドライバーはガイドでもあり、そしてコックでもあります。3日間の食材とガスを運んでのツアー。少し前、塩湖で正面衝突して即死したツアーも2泊3日のツアーだったようです。だからこそ、ドライバーは大切。

s-IMG_7646.jpg


料理も上手でよかった♪
しかも、スイス人の子がベジタリアンなので、彼女の分だけ別に作ってあげるという優しさ。


次の日は火山を見たり、湖を見たり。今までとは違う景色。きれいでした♪

問題はトイレ。トイレがない。

町をでて、しばらくして尿意を催した私。最初の火山のミラドールまで一時間と言ってた気がしてたので我慢。展望台ならトイレあるだろう。。
が、3時間たっても着く気配なし。しかも、周りは高地のため背の低い草が生えてるだけ=隠れるとこなし。景色を楽しむ余裕なし。

岩が出てきて、ミヨコさんが「景色変わってきたね」て言ったときも、私には隠れポイントが出てきた!としか思えませんでした。。

ついに、ジョニーに聞いた。クアント ティエンポ ミラドール?????(あとどのくらいで展望台付くの?)
5分ということで、がんばる。必死さが伝わったらしく、車はよりスピードを上げる。

けど、未舗装の道。振動が。。


着いた!!!

トイレもなんもなし!!


女子3人は我慢の限界でした。
この旅始って初の青空トイレ。岩があってよかった。ミラドールは展望台ではなく、景色いいポイントでした。

いくつか湖を見たり、国立公園にいったり。きれいなんだけど、移動に疲れて、感動薄め。。

s-IMG_7696.jpg

s-IMG_7729.jpg

s-IMG_7741.jpg



このへんは火山がたくさん。なので、温泉もあります!!

s-IMG_7757.jpg

間欠泉。硫黄の臭いがたまらない♪なつかしー気持ちになりました。

そして、、、、温泉!!!久しぶりの湯船。きもちよかったー♪♪

s-IMG_7771.jpg



標高は5000に届かずもかなりの数字を超え、チリへ。ここでチリぬけ組と別れます。

s-IMG_7765.jpg

s-IMG_7787.jpg


そのあとはひたすら車を走らせてウユニの町へ。
長旅御苦労さま!!ありがとうジョニー!!!

s-IMG_7783.jpg




ウユニもカーニバル。
s-IMG_7816.jpg



世界一周のなかで、どこが一番楽しみ?
と聞かれて、答えてたのが「ウユニ塩湖」。ハイライト来ちゃいました。

昔は海だったのかな?今では干上がって、一面塩のみ真っ白な世界になってるのです。

真白な世界に雨季には水が張って、空が写り、まるで天国にいるみたい…‥になるはずだったんですが、今年は異常気象のため水が溜まらず。わざわざ雨期が終わるっていうからペルー飛ばして先にボリビアに来たのに。。。

でも。

よかった!!


s-IMG_7518.jpg



やっぱりウユニ、期待を裏切らない。真白過ぎる世界。水がないからこそより映えるネタ写真w

3泊4日のツアーに参加しました。

水待ちのリュージさんにお勧めの旅行代理店とドライバーも聞いて、そのとおりに実行。
唯一塩湖の真ん中にある塩のホテル、プラヤブランカに泊まりました。

塩湖に入る前に止まったポイントは汽車の墓場。

s-IMG_7316.jpg

s-IMG_7323.jpg


高級ホテルルナサラダに止まるナカムラ姉妹と別れて、私たちはプラヤブランカへ。だんだん地面が白くなっていく。

白い!!

少し水たまりがあったので無理やりおろしてもらう。ビーチサンダルに履き替えて、水ポイントへ。

ちょっと映るかな?


s-IMG_7347.jpg

そしてホテルがここ。水も電気もない。(電気は人が集まるとつけてくれるらしい)周りは一面真っ白。ここで24時間贅沢な時間を過ごしました。

s-IMG_7382.jpg


s-IMG_7409.jpg

s-IMG_7414.jpg


机もイスも、ベッドも塩で作られてます。ベッドにはマットも布団もあるから暖かいんだけどね。

一泊2日ツアーからの5人と、合流。今日の客は私たち7人だけみたいです。

写真撮ったり、夕日を見たり。朝日は残念ながら雲で見えず。星も見えず。。

s-IMG_7469.jpg



夕飯は期待以上のスープとパスタ。高山病のせいか、胃が張っておかわりできなかったのが残念。

ウユニの楽しみ、真白過ぎて遠近感がわからなくなる。から、こんな写真撮れます♪

s-IMG_7452.jpg

s-IMG_7453.jpg

s-IMG_7500.jpg






今回は乾季ウユニ。鏡のウユニ見に、もう一回来たいな♪

魚の島より。

s-IMG_7601.jpg

南米の3大カーニバル。ブラジルのリオ、ペルーのクスコ、そしてボリビアのオルーロ。
オルーロにはいかなかったのですが、ラパスに戻ると、カーニバル真っ最中。ボリビア全体がカーニバルのようです。

で、どんなお祭りかというと、水かけ祭り。

こっちは戦う気なんてないのに水風船やスプレーかけられます。

最初は無視してたけど、、、

ムカつく。

やり返したい。


スプレー買いました。

こうなったら、参戦するしかない!!


パレードもやってるんだけど、踊り、音楽はさておき、みんなで水を掛け合う。
てか、踊るというよりも歩きながら水を掛け合ってるだけw

反撃できるなら、楽しいお祭り。全力で戦う!!

s-IMG_7860.jpg


スプレーも底をつき、落ち着いてパレードをみようと座ってると、子どもが目の前に来て、無抵抗な私のお腹めがけて水風船を投げてきた。

思わず汚い言葉を叫びました。(日本語で)

それからは戦意喪失。こそこそと水をよけながら写真を撮るのでした。

s-IMG_7865.jpg


普通に観光したいのに、カーニバルが邪魔します。バックパック背負ってるのにかけられてる人もいました。かわいそうに。。2月終りにボリビア、ペルーに来る人は気を付けてください。




ウユニ塩湖に行く前に、ポトシに寄りました。夜行バスでポトシへ10時間、朝着いて鉱山ツアーに参加して、また夜行バスで6時間かけてウユニへ。夜中につくからちょっと寝てツアーに参加。

このハードスケジュールで何が一番つらかったって、、ポトシ行きのバス。思ったより安いなーと思ったら、ローカルの人たちもたくさんで、私の前の席はインディヘナのおばちゃん。彼女たち、お風呂はいりません。うん、匂いが。いや、臭いが。かなりきつい。友達は干し草と言ってましたが、それならまだまし。気持ち悪くなって、会話もできませんでした。マスクして、服で鼻を覆ってなんとか寝れました。民族の習慣はしょうがないんだけどね、、、ペルーボリビア行く人は要注意です。



なにが最高って、標高。4070mに世界一高い都市ポトシがあり、世界一高いところにある鉱山があります。

鉱山ツアーはらパスから一緒に向かった仲間ともう一人日本人の子1人と日本人5人で行われました。

今も続々と掘り出されてる鉱山。現役の鉱山に入るのは初めてでした。

鉱山用の服上下を着て、長靴はいて、ヘルメットにヘッドライト。なかなか素敵なファッション。でも服借りれてよかったー。

仕事中お邪魔するので、コカの葉(彼らのエネルギー源。口にためて少しづつ樹液を吸います。)とジュースをお土産に持っていく。そして、10ボリ(1ドルちょっと)のダイナマイトを一つ購入。

s-IMG_7250.jpg

s-IMG_7257.jpg


鉱山の中はせまく、温度の高いところは30度もあるそう。ダイナマイトで爆発させたり、ドリルで壊したりして、鉱物をとります。で井戸みたいな滑車で上に運んだり、トンネルつたって下におろして、トロッコに乗せて運ぶ。これが重い。ちょっと押させてもらったけどびくともしない。

s-IMG_7267.jpg


s-IMG_7264.jpg


鉱山で働く男たちはかっこよかった。



くる前、「劣悪条件で働かされている労働者を見て、何とも言えない気持ちになるよ。」って聞いていたけど、そんな風には感じなかった。厳しい条件ではあるけど、彼らはそんなに辛そうには見えなかった。(楽しそうでもなかったけど)でも、鉱物の中には石綿があったり、奥深いところでは酸素が送られていて、、それを見た時は心が沈みました。もちろん、普通に町で働いている人たちよりは給料もいい。けど、ほんとにここで働きたいかどうかはわからないなと。



最後に、ダイナマイトを爆発させてみました。ニトログリセリンの入った粘土状のものを丸めて、導線に火つけて、写真撮って、急いで逃げる!!
100mくらい離れたとこかな。見守ってると、、、、、


ドンッッ!!!!!!!


想像以上の爆音と衝撃。これ、間違ってしかけちゃったら鉱山崩れるんじゃないの…?ダイナマイトはやっぱり危険でした。

s-IMG_7286.jpg


町全体が世界遺産なポトシの街を観光して、いざ、ウユニへ。今回はツーリスト多く、臭いは大丈夫でした♪


s-IMG_7237.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。