上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二回目のリマ。一回目は一泊だけして、北米パタゴニアと平和なところを渡り歩いていたあとだったのもあって、怖くてたまらなかったリマ。

ボリビアペルーを抜けてきた今、余裕が出てきましたw

泊まったのは旧市街のホテルサンフランシスコ。1泊14ソル(420円くらい)の安宿。ホットシャワーもでるし、トイレの紙もくれるし、広いし、なかなかです。今はここが(安さを求める)日本人パッカーには人気らしい。

ガラパゴス諸島への航空券が取れないかも、ということで、マックに行って、WiFiひろい3時間ほどネットで入り浸る。日本にはない(と思う)MacNificaを食べる。トマトが二個入ってるだけで、特に違いは感じられない。。南米ぽいのは、2,3種類のサルサ(ソース)が置いてあって、使い放題ってこと。辛味がたまりません♪

チケットを取り、2日目はその手続きうんぬんのために、ネット屋に行ったり、マックでメール送ったり。あとは、アルマス広場でのんびり。

s-IMG_8742.jpg


日本人団体客がいました。こっそり近づいて説明聞いてみるwカテドラル(教会)の彫刻の説明してました。ふむふむ。

…なんか退屈。説明聞けるのはいいんだけど、、、この団体に自分が入って行動すると思うと、窮屈なきがしました。もちろん、ツアーに参加することは多々あるけども、スケジュールぎっちりのツアーはもったいないな…。自分の旅も決して効率いいとは思えないけど、自分で考えて、好きな場所で好きな時間そこにいられる、自由な旅の良さを知ってしまった今、この団体に違和感を感じてしまいました。

ツアーがダメなんて言ってません。人それぞれの旅の仕方がある。いく場所は似たり寄ったりでも、ひとりひとり、過ごしかた、向かいかた、誰かの言葉を借りると、みんな違ってみんないい。最初は自分のまわり方を後悔してばっかだったけど、今は私の旅なんだから、これでいい、この回り方だったから、この人に出会えた。そう、考えるようになりました。

みなさんも、自分の旅を楽しんでください☆

話はそれましたが、リマです。サンフランシスコ教会の内部に、ハリーポッターみたいな図書館があると聞き、行ってきました。

s-IMG_8735.jpg


たしかに、、狭いけど、ハリーポッターぽいのが見れました。写真禁止だったのでお見せできないのが残念。イギリスでほんとのロケ地行ってみたいなー♪
あと、すごかったのが、地下。ここはお墓になってました。一つ一つの区切られたところに、足の骨なら足の骨、と分けて敷き詰められてます。一つの区切りは畳半畳くらいだったかな。びっくりなのが、深さは5mだと。地震があったり、教会は修復されたけど、ここは無傷でのこっているらしい。最後に見た、円形に並べられた骨と頭蓋骨は、どこかアートな部分もあり、複雑な重い空気を感じました。



宿の情報ノートに中華街で沖縄そばが食べれると知り、向かうこと2回。2回ともありませんでした。その代り、おかゆ、チャーハンなど、中華三昧。おいしいからいいかw
でも、一番感動だったのは、饅頭!!中華街ですが、沖縄移民の人が多いらしく、日本の饅頭がおいてありました。モチ!!あんこ!!日本とおなじ味で、大感動です!!日本食はあるけど、あんこを食べたのはこの旅で初めて!!2回食べました。素晴らしかったー。

s-IMG_8768.jpg

s-IMG_8769.jpg
平日の朝。この人たちクロスワードやってます。働けー!

s-IMG_8762.jpg
露店のアンティクーチョ(牛の心臓)おいしかったぁ。

3日目は新市街、ミラフローレンス地区へ。

大都会でした。
きれいな建物、おしゃれなカフェ、レストラン、そして、働く人々。お財布もって制服でランチしにきてるOLさんとか、、、日本みたい。この都会さに、ドキドキしてしましました。私、、場違い!!!

大混雑の安食堂でリマ名物セビッチェ(生魚と野菜がレモン汁で混ざってる食べ物)を頼みました。量多!!でも、おいしいー♪付け合わせの豆は食べきれず。

s-IMG_8789.jpg


海岸沿いにいくと、ラルコマルというショッピングセンター(映画館やボーリング場もある)が。都会!!!!リマって都会だったんだ!!!あまりの都会さに大興奮の二人w

片っぱしからお土産屋に入り、今まででは考えられないお土産を買ってしまいました。日本から考えれば安いけど。

あとは、コーヒーとケーキで都会に浸る♪

s-IMG_8798.jpg


たまには贅沢も必要だね。景色もきれいだったし、満足♪


s-IMG_8808.jpg
恋人たちの丘にあるモニュメント。このデザインもすごいけど、大きさも半端ない。

次の日、日本へ帰るシンヤさん。私もペルー最後の日。最後のディナーはロモサルタード(牛肉とポテトと野菜をいためたやつ)かな、とか言ってたのに、ケーキが思いのほか腹もちよく、結局ちかくの汚い食堂でフライドチキンを食べたのでした。おいしかったからいいか♪

s-IMG_8831.jpg


ペルー。お土産買い過ぎた。スカスカだったバックパックがTシャツ10枚で大変なことになってますw


s-IMG_8759.jpg
夕暮れ時

s-IMG_8825.jpg

カテドラルのライトアップ
スポンサーサイト

砂漠に囲まれた町、イカからタクシーで10分。ワカチナという町に行きました。
なんでここに来たかって、想像通りのオアシスが見れる。と聞いたからw

実際、想像通りとまではいかないにしろ、それにかなり近いオアシスでした。砂漠の中に湧き出る湖。その周りの小さい町ワカチナ。観光地化されてる感はあったけど、リゾートぽくて、のんびりしてて、この雰囲気好きだ♪

s-IMG_8618.jpg


Rochaというホステルに2泊。ホットシャワーも、プールも、素敵な中庭もあって、評判どおりのいいところ。

バギーとサンドボードのツアーに参加。

s-IMG_8649.jpg


そういえば、小6以来の砂漠。オーストラリアでサンドボードした以来です。
砂漠って、こんな広いんだ。砂だけの世界。神秘的。
旅してて思うのは、子どもの頃行った旅行の感動と、自分で来た旅とでは感動が全然違う。もちろん子供のころの旅行も楽しかったし、感動もあるけど、それとはまた違う。今回は広さへの感動に加えて、恐怖を感じた。

温暖化で、砂漠は広がってる。日陰もない、水もない、乾燥、暑い、夜は寒い。こんなところで人は暮らしていけない。このままどんどん砂漠化が進んでいったら、、、そんな恐怖。
自然豊富な南米にいると、自然破壊を気にせずにはいられません。ゴミの分別もしてない国のほうが多いし。気になって仕方ない。自然が売りなんだから、もっと大事にしようよ!!って。

s-IMG_8636.jpg


そんなことも考えつつも、ツアー楽しみました。

バギーは砂丘の凹凸をぐんぐん進む。ほんと、ジェットコースターみたい!!キャーキャー言いながら、サンドボードポイントへ。

スノーボードで滑ります。でも、砂。雪のようには曲がれません。てのは、先に立って挑戦したシンヤさんが素晴らしい転び方をしたので、私はうつぶせで滑りましたw

s-IMG_8650.jpg



足でブレーキをかけつつ滑るけど、なるべくかけないように、一気に滑る。はやい!!スリル満点です!一番急な斜面はほんとに滑るの?と思うほど。オーストラリアでは自分で登ってたけど、ここはバギーで次のポイントまで運んでくれるから楽ちん♪4回ほど滑って戻りました。

いやー楽しかった♪♪



観光地だからか、宿代は安いのに食費が高い。でも最後の日は湖が見えるHI(hosteling international)のレストランでバックパッカーメニューを頼みました。ただのジェノベーゼ(バジルがかかっただけのパスタ)なんだけど、、、おいしい!!!!食堂で出てくる麺は必ずと言っていいほどのびのび。標高高かったからしょうがないんだけど、、久々のアルデンテ!そして、バジルがうまい!!!イタリア楽しみだわー。インカコーラとのセットで、大満足のディナーでした。

s-IMG_8695.jpg


宿の女の子と遊んだり、夕日を見に砂丘を登ったり、オアシスをぼーっと眺めたり。

s-IMG_8605.jpg


のんびりとした、幸せなひと時でした。


s-IMG_8662.jpg


ガッカリ遺産として有名のナスカの地上絵。
そのうえ、セスナ代はめちゃ高い。ので、寄らない人も多いナスカ。実際、私の聞いた話でも、よかった人、がっかりだった人、五分五分でした。

でも、いい悪いは自分で見てから判断すべき!!

と、私は行きましたよ!ナスカ!!


マチュピチュの同士のひとりシンヤさんと、クスコから夜行バスに乗る。

ナスカ到着。

暑!!!!!!!

標高3400mからほぼ0mへ。そういえば夏でした。バス降りるとセスナの客引き。70ドルとありえない額を吹っかけてきたので無視してタクシーで飛行場へ。

55ドル。(50だったかな?)高いけど、ハイシーズンの相場もそんなもの。予約し、10分後に乗る。

すごい酔う。と聞いていたので、酔い止めをもらって飲む。準備万端!あとは私の視力を信じるのみ!!

パイロットを入れて4人乗りの小型セスナ。乾燥した大地を飛び上りました。
いい景色!!こんなセスナは初めてなので、それだけでわくわく♪

s-IMG_8587.jpg


そして、、地上絵。
確かに、意外と小さい!!!でも、走ってる車と比べると大きさがわかります。

s-IMG_8550.jpg
クジラ(左ははじにあるやつ)

s-IMG_8585.jpg
展望台からも2、3見えます。

s-IMG_8573.jpg
いちばん有名な、ハチドリ。これだけ、整備したかのようにくっきりと見えました。



30分ほどの飛行時間。正直値段には比例してないけど、ちゃんと全部見えたし、楽しかった!!



そして、そのままバスターミナルに行き、イカへとむかいます。
ナスカ滞在時間、3時間もなかったなw


s-IMG_8544.jpg


そう、本当にいろいろありました。

まず、何でツアーでマチュピチュに行ったのか。なぜなら私が行こうとしていた日がストライキだったから。ストライキだと、バスも電車も動かない。そのため、前日の電車もフル。前日にツアーのバスで行くしかなかったのです。

時間のない5人が集まり、ツアーに申し込みました。バスでいくので、途中観光ポイントを何個か寄ってくれるとあり、それも楽しみ♪バスで登山列車の駅まで行って、そこからマチュピチュ村まで電車。一泊して、マチュピチュへいくというもの。帰りも、電車とバスで帰ります。ストライキもエリアが外れるから大丈夫とのこと。

朝、7時15分にピックアップ。アルマス広場でバスを待つも、来ない。結局1時間以上遅れて到着。

そのあと、ツアーメンバーを拾い、途中銀行に寄ったり、お店に寄ったり、なぜかあるマス広場に2回も寄る。

なんか、、ガイドさん私用済ませてない??疑いの念がでてくる。

一度、オリャンタイタンボという町で買い物休憩。時間どおりにツアーメンバーは集まるも、ドライバーとガイドが遅れる。

まぁ、海外ではよくある話。心の広くなってる私は許してあげました。

s-IMG_8275.jpg


お昼いつだろうね。。なんて話してたら、小さな村に到着。15:45。Menu選んで待ってると、ガイドが16:30の電車だから急いで食べてください!!と急かしてきた。

食事到着15:55。ちなみにそこから駅までは25分かかるという。

はい??10分で食べろと??
あんたたちが1時間も遅れてきたんじゃん!!しかも観光してないし!!!!!!

最後に食事が到着した子は全部食べきれず。
まじ。ありえない。なんなのこれ(怒)


2分前に駅に着き、走って電車へ。何とか乗れた。

s-IMG_8291.jpg


夕食時にまた悪い知らせ。明日はストライキのため、電車が動きません。なので、電車の道を2時間かけて歩いて下ってきてください。と。

話がちがーう!!!

でも、ストライキだからしょうがないか、とマチュピチュ見て一日歩きとおしたあと、2時間半レールの上を歩きました。

s-IMG_8492.jpg

s-IMG_8498.jpg
この橋、脇に歩道ついてるんだけど、今にもはずれそうな鉄板ですごい怖い


やっと、下の駅に着いて、帰れる。と思ったら、、、

「ストライキで車に乗ってると石投げられたりして危ないので、近くの村で一泊します。」

は??

意味が分からない。なら、電車の道を歩かせないでくれ。それならマチュピチュで一泊して、もう一回見に行けたじゃん。ほかの欧米人たちもこれには怒り、スペイン語で大抗議。

結局、いけるとこまで行ってくれるとのこと。てか、当然でしょ。

11人乗りのバンに11人ぎっちり。
雨でぬれた靴、脱ぎたいけど、絶対臭い。旅行会社の人は9時頃つくって言ってたから、ペンション八幡の門限12時には間に合いそうだ。

ごはん休憩とって車へ。

ん??

異臭が!!

みんな我慢してた脱靴を誰かがしでかしたらしい!!

原因はKくん。山登りで足をひねって痛いらしい。

が、この狭い車内、匂いの充満は半端ない。きっと、誰もが靴脱いだらそうなるんだけど、、、今はまずいよwみんな(日本人だけ)騒ぎ出す。
足痛いのに、靴を履く羽目になるKくん。かわいそうに…でも、ここはクスコまで我慢してください。

残り香が残る車内。まだ騒ぐ日本人たち。その時。

フローラルな香りが!!!

チリ人の女の子マカが香水をふった。

ナイス!!!!!

一同拍手。香水とは、私たち日本人には考えもつきませんでした。窓あけるのが精いっぱい。無言でその場を和ませたマカはすごい!

はぁ。ひと段落♪

(Kくん、ネタにしてごめんね。)


夜になって寒くなる。幸いなことに3人椅子の真ん中に座ってた私は両サイドの体温で寒さは感じず。ありがとうw

で、12時5分前クスコ到着。

集合写真とって、急いでペンション八幡へ。12時には間に合ったけど、八幡さん寝てるし、部屋もあいてない。。しかたなく、近くのホステルへ一泊。



次の日。私たち5人は払い戻しの交渉しに、旅行会社にいきました。

まずは、帰りの電車代。これはすぐ返してくれた。まぁ、当たり前なんだけど。

で、ドライバーの遅刻で観光できなかったこと、昼ごはんを満足に食べれなかったこと、夜ついた時間が遅すぎること。文句の言いどころはたくさん。

英語のできる人だったので、英語で交渉。半額は返してもらわなきゃね。(ツアー代は約100ドル)なんて言ってたら、、

旅行会社「1ドルしか返せない」

え。なにそれ。

あまりの低さに言葉を失う。そして、動揺して口から出てきたのは、

私「5ドルは返してください」

私しょぼ!!!!言ってすぐ後悔。。20ドルくらい言っとけばよかった。。けど時すでに遅し。みんなごめんね。日本人、気が小さいんです。

理由としては、払うべきお金はすべて払ってしまったこと、ドライバーが遅れたのはストで遠回りしたから、電車もストのために30分早まったため、大急ぎのランチになってしまった、、、らしい。

実際、そうなのかもしれない。ツアー代も計算したら、そんなに高くない。けどさ。

私たちの気持ちは?楽しみしてたマチュピチュがあなたたちのせいで台無しよ?遅れるなら、観光の時間がないなら、ストで電車が早まるならその時に説明すべきでしょ??あなたに、謝罪の気持ちはないの??その分の代金が発生してもいいはずでしょ????

て、わかる限りの英語と日本語とアクションで伝えまくる。



もう疲れた。夜のバスでクスコを出る子もいる。

粘ること1時間半。結局帰ってきたのは、



ひとり3ドル。



情けない。。。完全に負けました。



そのあと、一人3ドル以上つかって中華を豪華に食べる。

この大変だった3日間をともにすごした仲間。一緒にいたのは3日間だけだったけど、感動、怒りを共有したのは大きい。

なんだかんだ、とてもいい思い出になりました。

s-IMG_8534.jpg



最終的にグラシアス!!!




遺跡にあまり興味がないので、マチュピチュも期待してませんでした。

が。

めっちゃよかった。。。



いろいろいろいろいろいろいろいろいろあったのですが、今回は楽しい感動の思い出を。

クスコの宿で会ったメンバー5人でマチュピチュへ行きました。

マチュピチュ村で一泊して、次の日、朝6時の開園に間に合うように朝4時半出発。
山の上にあるマチュピチュに行くまでに通常バスで行く人が多いのですが、そのバス代を節約するため、いや、苦労してこその感動を得るために、ビンガムロードというくねくね道を歩いて登りました。


天気、雨。

雨季のこの時期、よくあることです。

日の出前、5人中ライトを持ってるのは2人。

カッパ着て、よく見えない足元を感覚で歩く。なんとなく覚えてる道を適当に進む。

2回折り返したあたりで、ショートカットの道を発見。くねくねを直線の階段で登る道。当然急になる。しかも、雨。階段は川となしている。

でも、6時に間に合うにはこれしかない!幸いにも日が出てきて足元が見えるように。
しかも、1700mと標高も低いため、息切れも少ない。意外といける!!男4女1のグループでほぼ2番手をキープ。私まだ若いじゃん♪チアの体力も残ってるみたい♪♪

到着したのは6時ちょい前。始発のバスとほぼ同着。一番乗りしたかった!!


まずは、あの景色を…ポイントまで登って、「せーの!!」で振り返る。




s-P1000080.jpg

うぉーーーーー!!!!ほんとに叫びました。写真で何度も見てた景色だけど、全然ちがう!!これは見た人しか分からない!!

やりたかったことと実行。それは、マチュピチュを見ながらラピュタを聴くこと。

サンチャゴでジブリをもらっといてよかった。。この景色と音楽、最高。鳥肌です。


ツアーで行ったのですが、ガイドの説明はキャンセルして、うちらはワイナピチュという、前の写真の奥の高い山にある遺跡へと登りました。こんな都市、どうやって作ったんだろう。

s-IMG_8321.jpg


低い山を一回下って、

s-IMG_8395.jpg

急な階段を上って行くと、、、





s-IMG_8346.jpg
ちなみに、左に見えるくねくね道がビンガムロード。


周りの山の景色も素晴らしい。そして、マチュピチュが雲で隠れたり、またあらわれたり。ここではナウシカの「鳥の人」がベストマッチ。感動で涙ぐみます。ほんと、飛べる気がした。

s-IMG_8449.jpg

かなりの間、山頂で感動を味わう。

s-IMG_8343.jpg

で、降りてたら。。まさしく「天空の城ラピュタ」が!!!!!雲がいい感じで現れて、、浮いてる!!ワイナピチュ浮いてるよ!!

s-IMG_8371.jpg

一段下るごとに、違う顔になる。

s-IMG_8376.jpg

ワイナピチュを降りて、マチュピチュ観光。

s-IMG_8398.jpg
s-IMG_8404.jpg

宿でipodで持ってる人がいたので、、ラピュタ見ちゃいましたw久しぶりにちゃんと見て、まずパズーのトランペットシーンに感動、巨神兵(?漢字わからず)の愛に涙、そして天空の城に感動。。ジブリランキングの上位に食い込みました。

文化遺産と自然遺産の複合遺産、マチュピチュ。してやられました。南米に来たら、何があっても訪れてください。

s-IMG_8349.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。