上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大都会イスタンブール。イスラムの国ですが、ほとんどの女性は布巻いてない。都会に来ると、どうしてもドキドキしてしまう。やっぱり文庫も田舎なのかなw

初日はばっちり観光。

リュステムパシャモスク。
ここ好き!!タイルがすごく綺麗。作られた時のタイルが残ってて、その古さを全く感じさせない。色も鮮やかで、赤は今では誰も作ることのできない色なんだそう。一柄一柄じっくり見てしまう。

s-IMG_2590.jpg
s-IMG_2589.jpg


アヤソフィア。
教会だったのを、オスマンに支配された時に絵を上から塗りつぶしてモスクにしたところ。今では壁が崩され、キリストとアッラーがコラボレーション。2つの宗教が一緒に存在してるってすごいことです。こうやって、全世界が他の宗教にも寛容になったら世界は平和になるのに。

s-IMG_2692_20090524031014.jpg



ブルーモスク
広さ、シャンデリア、立派でした。けど、青さは断然リュステムパシャ!!

s-IMG_2729.jpg

トプカプ宮殿
トルコの大奥、ハーレムあった。王様も、そこにいる女の子たちも幸せだったのかなぁ。
恥ずかしながら、ここではじめて、メッカを知りました。いや、知ってたんだけど、写真を見てどこかわからなかったw
s-IMG_2636.jpg
s-IMG_2666.jpg


ベリーダンス
エジプトからずっと見たかったダンス。おなかのダンスだけあって、おなかの動きがすごい!!で、綺麗!!まったく眠くもならずに釘づけだった。くびれのために私も始めようかな…w
途中民族ダンスも。
s-IMG_2771.jpg


一日フリー。アジアサイドに行ってみよう、と歩いてると、日本語で話しかけられた。

トルコ人:日本はどこですか?
父:横浜です。
トルコ人:横浜のどこ?

いや。そんなん聞いたってわからないだろ!と思ってたら、彼、日本人の奥さんと横浜に住んでるらしい。しかも西区。みなとみらい近くのマンション。金持ちだ。

絶対あやしいと思いつつも、なんとなく一緒にエジプシャンバザールまで行くことに。彼ナムキさんの友達の店に行き、ナムキさんは友達と出かけて行った。彼といっしょだったトルコ人のサル(あだ名)がそのあともイスタンブールを案内してくれた。

サル、いいやつだった。19歳、7か月日本語勉強しただけなのに、めっちゃうまい。かなり真面目だ。なんでも頑張らないとだめだ!と話す、まっすぐな青年。

アジアサイドの海沿いでまったり。いいなぁーこういうの。

s-IMG_2831.jpg


一緒に日本食食べたり。納豆巻きとキムチとうどんが食べれてかなり満足!!おいしかった!!が、サルはかなりの偏食。無理やり連れてきちゃってごめんね…。

そのあと、サルのバイト先(お土産屋)に行って、ナムキさんとも一緒に話す。ナムキさん、かなりの遊び人。よく言えばopenで成功しそうな人。今どうなのかは知らないけどwで、今の奥さん、3人目。で、前の奥さんもみんな日本人。最初の奥さんとの劇的な出会いを教えてくれたけど、今じゃ3人目だからね。。。ロマンチックもなにもないw

父はナムキさんと横浜で会う約束をし、サルも日本に来たら連絡するよってことに。
最初はほんと怪しいと思ったけど、いい人たちでよかったー♪


スポンサーサイト

でました、生憎の雨w

でも、パムッカレはきれいだった!!

s-IMG_2499.jpg


そして、クレオパトラの温泉に入りましたー♪ほぼ体温の温泉、寒いかなーと思ったけど、気持ちよかった♪♪

s-IMG_2496.jpg


まさに芋の子を洗う状態wガイドさんは別名“ロシア人のスープ”だと言ってました。ロシア人が多いらしい。

日本語ガイドさんも、“あのね”と使うかわいい人でしたが、もう一人の英語ガイドのセファさん50歳がかなりいい人だった。

午前中、日本語ガイドが来れないということで、私たちを観光に連れて行ってくれた。“akaihindenbutu”を見に行くという。????どうやら日本語らしい。“アカイチンデンブツ”“赤い沈殿物”!!温泉の成分が赤いってことねー。英語の中に急に日本語が混じると余計わからない。てか、なんでそんな難しい言葉でおぼえてるんだろw

s-IMG_2440.jpg

彼、かなりサービス精神旺盛。めっちゃ写真とってくれる。ここに行けだの、このポーズをしろだの。ありがたいんだけど…だんだんめんどくなるw


1日フリータイムがあったのですが、そのことを知ると、パラグライダーをしないか、ラフティングはどうだ、と教えてくれる。(商売にがめつい感じではない。)パラグライダーをしてみようということになり、次の日、迎えにきた。

彼の先生と一緒に丘へ。

結果、風が不安定なためキャンセル。


安全第一。しょうがない。

s-IMG_2542.jpg

彼のリクエストでみんなでジャンプ

かわりに、滝を見せてくれるという。そんな観光スポットあったんだー。と着いていくと、なんもないところ。オーストラリア人の別荘が一つあるだけの山。ここをガツガツ下って行く。50歳、うちの親と同い年。かなり元気です。途中、父親は腰を痛めて挫折。

s-IMG_2565.jpg

滝、結構いいじゃん!!なんて名前の滝かと聞くと、自分が25年前に発見したから“セファの滝”だと。観光スポットではなかった様子w

でも、マイナスイオンが気持ちよかった♪案の定、カメラマンセファが写真を撮ってくれる。で、撮り終わったら、さっさと帰る。えー!ゆっくり見たいんだけど!!元気なセファにはゆっくりするということは頭にないようです。

最後、空港に向かう途中、サプライズで洞窟に案内してくれた。最近発見された第二のパムッカレ。営業時間は終わってるため、無料で入る。けど、照明も消えてるため、自分らのライトで見る。硫黄臭がすごかった。コウモリもいた。

s-IMG_2571.jpg

いやーなかなかのインパクトあるガイドさんで面白かった。何がびっくりって、パムッカレでパラグライダーをやる人は4にん、ラフティングは彼ひとりらしいです。


そんな50歳の彼、結婚相手探してます。私が!!という人はメールくださいw

s-IMG_2436.jpg
トルコはGWに合わせて、両親と合流。束の間のリッチ生活が始まりました♪

カッパドキアは洞窟のホテルに。ほんとに、岩をくりぬいて作ったホテル。カッパドキアには結構あるみたいですが、、、すごい!!部屋に暖炉がある!!久々のふかふか布団に大満足♪

s-IMG_2114.jpg

s-IMG_2242.jpg


カッパドキアはキノコ岩で有名。地層が隆起して、やわらかい部分が風で減り、こんな形になったそう。自然は面白いですねー。

s-IMG_2173.jpg


で、また気球のっちゃいましたwなんて贅沢!!カッパドキアでは乗れないと思って、エジプトで乗ったのに…。まぁいいか☆値段は倍以上するけど、景色はカッパドキアのほうがよかったです!!

s-IMG_2305.jpg

上から見ると全然違う岩たち。

s-IMG_2301.jpg

たくさんの気球の景色もすき。




今でも洞窟の家に住んでるガイドさんの友達(?)の家を見せていただきました。入ると、普通の家。電化製品なんかもあって、床には一面絨毯。さすがトルコ!!嫁入り道具に絨毯は必須らしいです。

s-IMG_2228.jpg

ちなみに、絨毯、こう作ります。毛の一本一本。、結んでいく。今は機械で作られてるのもあるそうですが。

s-IMG_2367.jpg

ちなみに、うちの親、絨毯買ってました。信用できる店らしいです。絨毯もいいものらしいです。信じますw




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。