上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全部で3回滞在した(着いた日は泊まってないけど)ウイントフックでの出来事。

みんなで有名なレストランにいきました。

s-IMG_8875.jpg

ここはいろんな“肉”が食べれることで有名。一番おいしいと評判のSpringbokをRobertが頼んだので、私はいろいろ混ざってるのにしました。

s-IMG_8878.jpg

左から、ダチョウ、オリックス(不確か)、シマウマ、クドゥ、チキン

こう日本語にするとリアルだなー。ダチョウ食べたのか、私。結構量あったけど、完食。そしたら、周りが驚いてた。食細くなったはずなんだけどな…。



「これから、ナミビアのトラディショナルなコンサートに行ってくるよ」って、ホステルで会ったホンジュラスから来たアンドレアンに言われておもしろそうだったからついていってみた。

8時からの予定が、入ると客が2.3人しかいなくて、まだ始まらないという。隣のキューババーでサルサを教えてもらいながら待つ。中南米の人ってたいていみんなサルサ踊れる。うらやましい。楽しい文化。

結局9時に開始。いい感じのスタジオで、照明やスポンサーなんかもしっかりしてる。けど、客少ない。ホステルにチラシはったら人来るだろうに。

初めはold woman(プログラムにそう書いてあった)による弾き語り。というか、歌詞のない“あぁあ~”とか“おぅ~”とか唸るような歌。本当にコイサン族の人に来てもらっているらしく、アフリカっぽいすごくいい感じの演奏だった。

s-IMG_9267.jpg


2曲目は女性たちのうた。楽器はなく、手でリズムをとって、また“あぁあ~”とか“うぁあ~”とかのうた。さっきよりももっと明るくて、たまに、「え、大丈夫!?」と思うぶっ飛んだ声が出る。みんな(演奏者)遠くを見ていて、さっきとはまた違う異様な雰囲気に包まれる。

3曲目は同じ女性たちによる、歌とダンス。ダンスと言ってはちょっと違うかも。木の実か何か、丸いボールのようなものを、くるっとまわして次の人に渡す。歌いながらだから子供の毬遊びみたいな感じ。しかし、ひとりのおばちゃんがよく毬を落とす。今はそんなにやらないのかも。

s-IMG_9270.jpg

さいごは、バンドが出てきて、10曲位ぶっつづけで演奏する。休憩なし。結構いい感じなんだけど、さすがに飽きる。
普段から活動しているバンドのようで、ボーカルひとりパフォーマンスも入ってこなれた感じ。けど、他はどうだろう。演奏は悪くないけど、ただ役をこなしているというか。みんな服もばらばら。きれい(clean)だけど、最近スーパーで買ったばかりの服といった感じ。なんでスポンサーは衣装用意しなかったんだろう。そのためか学園祭っぽさが気になってしまう。

s-IMG_9278.jpg


一番気になるのはコーラスのひとりがサザエさんに出てくる“アナゴさん”にそっくりだったこと。さすがにアンドレアンには言えず、ひとりで笑いをこらえる。


いろいろネタにしてしまったけど、いいコンサートだった。アフリカっぽくて、来てよかった。来てよかったのは、いろいろ考えさせられたってのもある。

はじめのほうの民族の音楽。あまり笑ってる人はいなく、ひとりの若い子は辱めを受けたような顔をしていた。司会のドイツ系の人もなんだか小馬鹿にしているような冗談をいうし。民族の多いナミビアだから、それをビジネスにするひとがいてもおかしくないし、彼ら民族にとっても観光を使って現金を得ることは必要なのだろう。実際、ウイントフックのお土産屋でヒンバ族(全身を赤く塗る、世界一美しいといわれる民族)があの裸体でお土産売っていた。けど、何かちがう。私から言わせると、もっと生の民族の生活が見たいし、楽しそうに歌って踊っている様子が見たい。観光用に用意したものじゃなくて。って、これは観光客側の勝手な言い分だろうな。世界うるるん滞在記の見過ぎか。

そう考えると、南米のインディヘナの人たちは興味深かった。本当に普通に生活してる。だからこそ、写真撮られるのを嫌がるし、道で排泄もしてるけど、すごく自然な民族の様子が見れて、私は一番好きな民族かも。民族というのかもよくわからないけど。

あー南米が恋しい。
スポンサーサイト
そのまま海岸線を下って、CapeCrossへ。ここ、実は私がナミブ砂漠の次に来たかったところ。何があるって、、、アザラシ。

s-IMG_9153.jpg


よくみてください。もっっのすごい数のアザラシです。そして、騒音。決してかわいいとは言えないアザラシのグェー、グォー、ギャーという鳴き声。波の音にも負けず、しっかりと聞こえます。そして、臭い。動物のにおいがぷんぷんと。

s-IMG_9145.jpg


でも、この鳴き声とにおい、とても大切なんです。お母さんアザラシは大量の子アザラシの中から、鳴き声とにおいでわが子を区別するんだそうです。私たちから見たのと同じで、母にとっても、子どもアザラシの見た目は同じなんだ…w

s-IMG_9203.jpg

久しぶりのまともな町に一泊し、ウイントフックへ。途中、Spitzkoppeという山に寄りました。バスの時間があるので、急ぎ足で登りました。(Janは麓で待ってた)けど、この岩山…滑る!!こわい!!一度諦めかけましたが、仲間に助けられて、登れました。んーいい景色♪♪

s-IMG_9237_20091022143413.jpg

s-IMG_9240.jpg
s-IMG_9230_20091022143413.jpg


もう帰るよって言ってるのに、Davidが、あと5分!と言って、頂上を目指す。私たちは待ってました。彼のせいだけではないけど、Janとの約束の時間に30分ほど遅れる。バスを乗りすごすのではないかと、怒り気味のJan、それを感じて必死で運転するDavid、もし乗り過ごしたら飛行機で行こうーなんて気楽なCathy、それを客観的に見てるまた気楽な私。バスの出発5分前に着きました!!よかったー。しかも、バス遅れてるし。

二人とバイバイして、Davidと宿へ。ついに2人。さみしいなぁ。


北上。UISと言う町で一泊し、(もちろん値引きプライスw)スケルトンコーストへ。その間、ちょいちょい観光もしました。

s-IMG_8904.jpg
ちょっと止まったらお土産売りにきた。



ブッシュマンの壁画が残るTweyfelfonteinへ。たくさんの動物が書かれている。中にはアザラシやペンギンまで!!車なんてなかったはずだから、海からここまで歩いたのか…さすが。

s-IMG_8914.jpg
s-IMG_8922.jpg


Petro Forest。Petro、化石。誰もいないから勝手に見て回ってたら、お金徴集しに一人の青年が走ってきた。お金取るところなのか??一応説明はしてくれるけど、ちょっとした道があるだけのほとんど自然のままのところ。
なんの化石かって、、、「木」。化石化して石のように固いけど、木目、割れ目を見るとやまり木。なんと2300,000,000年前の木らしいよ!!すごい。すごすぎて、イメージできない。23億年前に、もう植物があったんだ。

s-IMG_8948.jpg

一歩手前でもう一泊して、いざ。

スケルトンコースト!!

s-IMG_9097.jpg

海岸までも長い道のり
s-IMG_8989.jpg


なんでスケルトンなのかって、ここの海岸線は海と砂漠が接していて、船がたどり着いても砂漠を生きて抜けるのはかなり困難だったということからこの名前がついたそう。

ポストカードにあるような赤砂漠と青い海の光景は見れなかったものの、砂漠の道を走ってると、自然の恐ろしさを感じた。その日は曇りで、薄暗かったために、よりそう感じたのかもしれない。

途中、難破船も発見。

s-IMG_9065.jpg

地図上に“toscanini”という町があったので、そこでお昼かな、なんて話してたけど、、、あったのは

s-IMG_9022_20091022013508.jpg
この石と、


s-IMG_9024.jpg

採掘所(きっともう閉まってる)と

s-IMG_9023.jpg
そのゲート

終了。

これ、、、地図に書かなくていいんじゃないの??しかも、文字の大きさはウイントフックに次ぐ都市、スワコップムントをほぼ同じ。きっと、砂漠のどの辺まで来たのかを示すためなんだろう。

s-IMG_9059.jpg
海岸


CathyとRobertが乗るケープタウン行きのバスが出てる、グルーナウという町に着きました。まだ郊外のようなので、ホテルの人にバスが出る町の中心部はどこか聞くと、ここがグルーナウだという。
だから、中心部に行きたいんです!!うちらもちょっとイライラ気味で聞くと、ここが中心部だと。


s-IMG_8837.jpg

s-IMG_8838.jpg

えぇー!!これですか!!?


いやーさすがナミビアw


夕食食べながら、2人いなくなるの淋しいねー。バスキャンセルして一緒にいこうよー。なんて、冗談で話してたら…

二人ともバスキャンセルして、5人でツアー続行することにwしかも、Cathyはケープタウンからの飛行機も変更。実はこの子、このツアーに参加するために予約してたOverLand ツアーもキャンセルしてきた。ほんと、行動力のある子だわ。感心する。私だったらめんどくさくて、もとのツアーに参加するだろう。

てことで、何もない町(本当は村ともいい難い)に一泊して、ウィントフックに戻る。

途中、南回帰線を通る。私知らなかったけど、太陽が通る、一番南の線らしい。

s-IMG_8844.jpg


ウイントフックで一泊して、Robertを送る。広くなった後部座席に淋しさを感じながら北へ向かいました。


FishRiverCayonを目指して、南へ下る。
その道中も素晴らしい景色。ナミビア好きだぁー。

s-IMG_8443.jpg

s-IMG_8415.jpg


s-IMG_8668.jpg
他にも、動物の注意看板や、”SAND”ってのまであった。

s-IMG_8663.jpg

ヨガ流行ってます。


ガソリンも少なくなり、日も暮れた。そんなときにSTUCK。みんなで、押すしかない。こういうとき、やはり男手が欲しいところ。ドライバーDavidが唯一国際免許を持ってる私に運転を代わってくれないかと言う。もちろん、私もそのつもりでいた。が、この車マニュアル…ごめん。オートマ限定なんです。使えない免許でした。David が運転して、残りの4人で押す。

無事に脱出しました。Full moon近く、月明かりに助けられた夜でした。

ガソリンが心配される中、Ai-Aisという温泉町に着く。町と言うか、ガソリンスタンド(もう閉まってた)とひとつのリゾートしかない。なので、このリゾートに泊まるしかない。

ひとり750NBD(一万円)。

無理でしょ!!もっと安いテントもあるけど、寝袋持ってない人もいるし、凍え死ぬ…
困った…値切っても一万からだと、きついか…

しかし、やりました!!我らがCathy!!

ひとり250NBD!!


そして、この設備!!

s-IMG_8678.jpg

豪華なお部屋!!

s-IMG_8681.jpg

温泉スパつき!!


日本なら3万位しそうw一晩、次の日もチェックアウトギリギリまでホテルを楽しみました♪



次の日はFishRiverCayonへ。

途中、この地域しか生えていない、キヴァという木を何度も見る。アフリカらしい。

s-IMG_8710.jpg

USのグレートキャニオンに次ぐ大きさらしい。GreatCayonとの大きさの差にもびっくりだが、ここはここですごくよかった。やっぱり、自力で来たってことが大きいのだろう。

s-IMG_8751.jpg
s-IMG_8779.jpg

s-IMG_8753.jpg


夕日を見てから、RobertとCathyがCapetown行きのバスに乗るGrunauという町へ行く。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。