上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.20 Seals@Kaikoura

再び乗るSTRAYは全部で7人と初めての少人数。Shaneと再会。

今日はKaikouraへ。ここはイルカと泳げることで有名みたいだけど…この寒さで泳ぐんですか。無理無理。ホエールウォッチングにもあまり興味出ず、ツアーは申し込まずに散歩することにした。

崖沿いのWalking courseに行くのに、海岸沿いを歩く。

s-IMG_2064.jpg

南へ下っていくと…川が海と合流。私、どうしたらいいの?wそこで魚とってるローカルのおばちゃんたちにどうしたらそっち側に行けるかというと、ここを渡れ、という。“ここ”って指してるのは川。靴脱げという。あぁ、そういうことか。

s-IMG_2066.jpg

靴脱いで川を渡りました。小さいけど、結構流れ速くて滑る底に苦戦。

足が乾くまでおばちゃんたちと話してた。春になると魚をとりにくるという。とれるのが、これ。

s-IMG_2067.jpg

つるっとしてておいしそう。

s-IMG_2098.jpg


海を見ながら歩いていると、道路にアザラシが。

s-IMG_2101.jpg

s-IMG_2106.jpg

おぉ!危なくないのか?近寄って写真撮るも逃げる様子もない。かわいい奴め。しばらく話して(見て)先へ進む。

途中、おいしいと評判のシーフード屋へ立ち寄り、クラムチャウダーを頼む。
これか…見た目に一度はガッカリするも、食べてみて感動!!具は少ないにしても、ものすごく出汁が出ていておいしい!!さすが!

s-IMG_2108.jpg

s-IMG_2117.jpg
NZといえば羊!!本当にいっぱいいる。けど、大抵バスから眺めるだけ。この子らが一番近くで見た羊。


Sealポイントはあんまりアザラシいなかった。3頭見ました。引き潮だといるのかも。

急な坂を登って、崖の上へ。ここからは車できた人はいけないため、客がぐっと減る。減るというか、誰もいなくなった。

s-IMG_2143.jpg

s-IMG_2148.jpg

道もなく、ただ牧場のなかを歩く。足元は牛の糞だらけ。(一度流産した胎児らしきものを発見してショック…写真はやめといた。)たまに柵に囲まれた観光用の看板があるのみ。ここでは牛が主体のようだ。

s-IMG_2180.jpg



誰もいないので、歌なんか歌っちゃう。たまに、本当にいないよね?って後ろを確認しながら。



町に出るあたりで、後ろからジョギング中のおばちゃんにぬかされる。聞かれてたかな…恥ずかし。


半島の反対側にでて、森を通り、ホステルのある町に戻る。あー疲れたー。

イルカツアーに行った人はイルカに会えず、ホエールウォッチングも一匹だけだったよう。散歩で正解だったかもな。


次の日に寄った滝は、すごくよかった。なぜなら、滝壺のpoolでアザラシの子供たちが遊んでいたから。ボールを投げてやると初めは怖がるもだんだん慣れてボールで遊びだす。かわいかったー。

s-IMG_2217.jpg


フェリーで北島へ戻り、Wellingtonへ。知ってる仲間に再会して、一泊したあと一日かけてオークランドへ。

s-IMG_2257.jpg


1か月のNZ。あっという間だった。次は夏に来たい。


スポンサーサイト

ここに来た目的はひとつ。Tranz Alpineに乗ること。
この電車は“世界の車窓から”でも紹介された、世界の電車Top10に入るといわれている車窓からの景色が美しい電車。特に、冬の時期の雪をかぶった山々は素晴らしいと聞き、高いとは知っていながらも乗りに来ました。

夕方に着き、ホステルのレセプションで聞くと、「朝7時半にホステルの前で待ってると、駅までのシャトルバスが来る。チケットは駅で買えるよ。」

なんて簡単♪安心して、その日はスーパーだけ行ってのんびり。

次の日、曇りだったので明日のほうがいいんじゃないかと天気予報みるも、同じマーク。なにか書いてあることが違うけど、いまいち理解できず。今日行っといたほうがいいか。

7時半に待ってると、、、バス来ない。てか、ブロックの角に建ってるホステル、ホステルの“前”ってどこ??道二つあるし、どっち方面かもよくわからない。20分経過。
道行く人に聞くと、

「シャトルバスって黄色いの??なら、一本向こうだよ」

黄色か知らないけど、ここじゃないんかい!!!!!騙された!!!!!

他の人は、「中央バスターミナルに行ったほうがいいよ」

えーっと、結局、ここには来ないってことですか。走って中央バスターミナルへ。方向音痴の私、こんな時に迷う。

なんとか、中央バスターミナルにつくと、係のおばさん、

「○番のバスが駅行きだけど、TranzAlpineにはもう間に合わないわよ。もっと早く来ないと。」


なにー!!!(間に合わないんじゃないかとは予想してたけど…)7時半には待ってたのに!!ここから乗るならすぐに来たのに!!あのくそホステルめ!!腹立つー!!

そのおばさんは悪くないので、しょうがなく帰る。しかし、こんなに腹立たしいのは久しぶりだ。道のゴミ箱を投げ飛ばしたいくらいの怒りだったけど、25歳、もう大人の私はひとりごとで悪態をつくのみに留めました。



ふて寝したら落ち着きました。ホステルはあてにならないからインフォメーションセンターに行こう。

一応、レセプションに聞くと、今日は違う人で、また7時半に前で待てという。私は今日も待ってたけど、来なかった。と抗議すると、ここでたって待ってるんだよ、と外にでて教えてくれた。へぇー本当かなぁー。疑いは晴れない。

インフォメーションに行って、チケットは駅で買えるんですよね、って確認すると、

「オンラインで予約するか、ここでチケット売ってるから買っとかないとだめだよ。朝に行っても誰も働いてないし。」

確かに…。て、ちがうじゃん!チケットその日じゃ買えないんじゃん!!くそホステルめ!!怒りを抑え、往復チケットを買い、駅までどうやって行くかと聞くと、ホステルまでシャトルが行くという。これはあってたみたい。


もし、今日バスに乗れてたとしても電車には乗れなかった。バスに乗れなくて、よかったのかもしれない。

町の名前にもなってる教会を見て、

s-IMG_1747.jpg

ボタニカルガーデンへ。春なので、お花が咲いている。癒されるー。しかし、バラが咲くのはもっと後。バラ園はさみしかった。

s-IMG_1759.jpg




次の日、15分ほど遅れてバスが来た。もう来ないんじゃないかと不安だったので、すごくうれしかった。のに、

「このバンはいっぱいだから、次のに乗ってきてね、あと二台来るから。大丈夫。」

私が相当不安そうな顔をしてたのか、絶対来るから、大丈夫だよ、となだめられた。

結局、2台目もフルで3台目にのって駅へ。
指定席の電車。四人向かい合わせの席が並ぶ。窓大きいから中からでも景色はよく見えるんだけど、ガラスを通さないで見たい。ほとんどの時間を外のデッキで過ごした。

s-IMG_1828.jpg

s-IMG_1811.jpg

s-IMG_1903_20091023225744.jpg


4時間ほどして、Grey Mouthの駅に着く。そして30分後、またChristChurchに向かって出発。同じ景色を2度楽しむ。

二度目にもかかわらず帰りも外で見ていた。

s-IMG_1859.jpg
s-IMG_1876.jpg
s-IMG_2015.jpg


あれだけひどく言ったホステルだけど、もしかしたら駅でもチケット買えるのかもしれないし、シャトルバスはホステルの前に来た。2日めのスタッフはいい人だった。だから名前は伏せておく。
そしてこの日は雲も少なくいい景色だった。昨日乗れなくてよかったのかもしれない。運がいいんだか悪いんだか、そんなことはもう考えないことにした。なるようになる。



ホステルで会ったKiwi(NZ人)と飲みに行って、Christ Churchの2日は終わった。




Queenstownからさらに下る。見たかったMilfordSound。ここはフィヨルドという地形で、海岸線が入り組んでいます。北欧のそれが有名だけど、北欧いけなかったからこっちで見ておきたいって思い南のツアーにも参加した。

けど、天気悪かった。Ferry乗り場までの道も山間を通って雪も残りすごくいい景色なんだけど、雨。窓あけられないから写真も撮れない。んーしょうがない。

日本からのJTBツアーバスが止まってた。日本人、中国人、韓国人団体が多いようで、なんと最初のトイレの場所などのアナウンスに各国の言葉が。今日はJTBが来ているので、滝など英語よりも多くの解説が日本語でついた。やったー☆
なにがうらやましいって、彼らはランチ付き。しかも幕の内弁当!味噌汁付き!!あぁーうらやましい。私も前はあっち側だったのになぁ。。今の旅スタイルのほうが好きだけど、でもやっぱりうらやましい。うちらは無料のコーヒーをすするのみ。


せっかく来たし!とほとんど外に居た。ポストカードのような絶景はみれなかったけど、白黒の世界が、中国の桂林を思わせる神秘的な雰囲気を醸し出す。んーこれはこれでOKだな。

s-IMG_1454.jpg

s-IMG_1479.jpg
かかると10歳若返るという滝。

s-IMG_1484.jpg


最後に運良くペンギンに出会えた!!!!んですが、世界一小さい種のペンギンで、草むらに居て、2階デッキにいた私は、、、見逃した。残念。


この日はcamp場に泊まる。でも、ちゃんとベッドとかあります。

s-IMG_1516.jpg
この暖炉(?)があったかい。干してあるのは私のタオル。乾きが早くて優秀なAMUSEタオル♪

s-IMG_1523.jpg
10時には電気が切れるので、ろうそくでトランプ★


南島のさらに南に、スチュワート島ってのがあって、ツアー上そこに一日行けるのだが、Christchurchでバス降りたかったし、一泊のためのフェリー代としては高すぎるし、なにより天気が悪い。ということで、南島にとどまった。

土曜の夜、ちょうどローカルのラグビーの試合があるということで見に行く。NZではラグビー人気すごい。ナショナルチームのAll Blackのグッズはどこのお土産屋にも置いてある。このチーム、試合前にMaoriのパフォーマンスをすることで有名。

今日の試合は、Southland(home) VS BAY of Plenty。ラグビーちゃんと見たの初めて。家の近くにラグビーで有名な学校があるのに、TVですらちゃんと試合見たことなかった。ルールも知らない。アメフトをかじったおかげで、入りやすかった。スポーツ観戦っておもしろい♪よくわかんなくても、その場の雰囲気が好き。これからはえり好みしないでいろいろ見てみようっと。

s-IMG_1588.jpg

s-IMG_1593.jpg



s-IMG_1599.jpg

Southlandが勝ち、大興奮の会場。終わったあとにはフィールドに入り、選手と写真も撮れる。知らないけど、走って写真とりにいく。スポーツマンってかっこいいわー。

s-IMG_1615.jpg
写真はマスコットw

そのあと飲みに行く。
s-IMG_1627.jpg


スチュワート島に行かなかったため、次の日は一日暇。散歩したり、宿でだらだらしたり。まぁこんな日もあってもいいか。

この時期。NZのいろんなところに桜が。日本みたいにかたまって植えられているわけではないが、やっぱり綺麗。日本を感じる。春っていい。

s-IMG_1636.jpg
日本庭園があった。


Queenstownにもどり、一泊して北へ。


朝6時に起きると、AUSカップルのJarredが彼女のDanicaを起こしている。

“Wake up!! Let’s go for walk…”

彼らは今日出発でないのに、全くDanicaからしたら大迷惑。まぁ2人の間で何かあるんだろう、と無視してパッキング。

チェックアウトして、ホステルを出ると、Jarredが昨日買ったばかりのジャケットを着て待っていた。(Danicaは起きなかったらしい)

出発するうちらにひとり一本ずつ、花をプレゼントしてくれた。
かっこいいことするなぁー。思わず笑ってしまう女子たち。でも、素直にうれしかった。

s-IMG_1671.jpg


バスの中では爆睡。そして起きたらすでに萎れてしまった花を発見、、、ショック。




今まで、鏡のような湖が多かったけど、この時に見た2つの湖は眼を離せなくなるきれいさだった。ターコイズブルー。


s-IMG_1695.jpg
プカキ湖

s-IMG_1736_20091023225617.jpg
テカポ湖

s-IMG_1739.jpg
湖畔に小さい教会も

汚いわけではないのに、なぜか白く濁っている。そのおかげで空の青が写ってるのか、もともとの水の性質なのか、、、この青さは何なんだろう。

最後のhop offポイントChrist Churchへ。


NZと言えばバンジージャンプ!!

s-IMG_1282.jpg

ということで、やってきました♪実際にはバンジーではなくて、キャニオンスイングっていう、60mFreeFallのあとに200mスウィング♪これは気持ちよさそうー☆(日本のテレビも来たことがあるらしく、“羞恥心”の上地くんが飛んでた。)

s-IMG_1328.jpg


が。実際に飛び降りるって時になると、恐怖が込み上げてきた。走って飛び込め!!ってお兄さんは言うけど、無理!!!恐る恐る歩み寄り…徐々に傾いて…落ちた。

それからはNo problem♪気持ちいー。


2回目が安いので、もう一回やるかと言われたけど、あの恐怖は無理。。。と思いハーネスを外してもらう。

他のジャンパーを見る。

s-IMG_1358.jpg
逆さ吊り。


…あれ、楽しそう。逆さに吊ってもらってから、糸切ってもらい、そのまま落ちる。自分で飛ばなくていい!!

2回目行ってきましたー☆お供のクマも一緒に。

s-IMG_1362.jpg

いやージャンプしないってだけで、ものすごい気が楽♪景色もスリルも楽しかった!!

s-IMG_1368.jpg


ちなみに、カメラを手に持ってバンジーしました。





NZは春が始まったばかり。山には雪が残ってる。ので、

初!海外でスノボした!!

s-IMG_1396.jpg

Cadorenaというスノーパーク。天気もなかなか良かった。というか、ずっとよかったらしく、雪が降っていなくて、雪少なし。アイスバーンになってるところも。

s-IMG_1398.jpg

スノボ組で滑ってました。ひとり途中でギブアップ。。。
そのあと、3人で行ってないところ行こうって進むと…上級者コースに迷い込んだ。

s-IMG_1401.jpg

写真には見えないけど、ものすごい急。急であっても、木の葉滑りでいつもならクリアするんだけど、ここは日陰で雪ない。転ぶと確実に痛い。一回座った時にエッジが効かず、そのまま止まらずにズルズルと滑ってしまった。恐怖!!!!板外したら確実に滑って転げ落ちるし、板つけたまますべるしかない。Noカーブでそのままゆっくり降りる。上手なYalleはさっさと下るが私と、同じレベルのジェラードはゆっくり、確実に降りる。
ほんとに、無事に下りきった時にはほっとした。スノボするなら冬に来るべきだな。




s-IMG_1420.jpg

ここでお別れのメンバー多かった。たくさんの出会いにCHEERS!!

2009.09.09 Wanaka@迷路

Queenstownに向かう途中、ワナカ湖を通る。どこかで会った旅行者が、NZで一番きれいな湖って言ってたけど、それは天気次第。曇りだったので、まぁまぁでした。

s-IMG_1116.jpg
海のほうがきれいだった!うーん、いい青。

s-IMG_1140.jpg
寒いのに…

s-IMG_1166.jpg
立ち寄った滝の水の川の色。


この日泊った宿には卓球コートと

s-IMG_1218.jpg

カラオケが。日本人だから歌えと言われるが、英語の曲わからない・・・。

s-IMG_1222.jpg





Puzzling worldというところが面白かった。
いろんな種類のホログラム

s-IMG_1236.jpg

傾いた部屋。日本でも入ったことあるんだけど、、、名前忘れた。床が結構な角度で傾いていて平衡感覚失う。

どこに行っても見られている。ホーンテッドマンションを思い出した。
顔は、ベートーヴェン、マザーテレサ、ネルソンマンデラ、チャーチル、アインシュタイン。異様な雰囲気。

s-IMG_1241.jpg


この部屋面白い。外の窓から見ると、人が右に行くほどと小さく、左に行くほど大きく見える。なんでだろう。英語で説明が書いてあったんだけど、読む気になれず。

s-IMG_1253_20091023223210.jpg

最後は迷路。四つ角全部まわって、出口を目指す。こういう迷路って久しぶり。純粋に楽しめた。最後にSTARTから出た私。終わったことに満足してたら、友達が別の出口から出てきた。こっちが正解だったらしい。まぁいいか。

s-IMG_1262.jpg




クイーンズタウンに着く。有名な街だからさぞかし都会と思えば、小さな観光地の町で、すぐ近くに湖、山が見えていい感じ。

s-IMG_1323.jpg

ここで有名なのがBIGなハンバーガー。“FergBurger”私も試してみた。
大きさは、、、佐世保バーガーのほうが大きいかなwでも、種類がいっぱいあっておいしい!!(佐世保もおいしかったけど)私が頼んだのはアボカドとかチリとかマンゴーソース.とか入ったタイ風の味。こういうのって日本にないから嬉しい。余裕で完食。一緒に行ったNickはwithChipsにも挑戦。このポテトがでかい。太いし、量ある。勧められてもあえて手伝わずに食べきるのを見守っていた。Nick完食。おつかれさま!!

s-IMG_1392.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。