上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パイネ国立公園へは一日ツアーで。

英語ガイドって聞いてたのにスペイン語のみ。これは抗議しに行かなきゃ!!といいつつも、ツアーを楽しむ。

9人のツアーに日本人がいました。おぉすごい。

国立公園に入ると、動物たちがちらほら見えてきます。

s-IMG_5877.jpg

コンドル

s-IMG_5798.jpg

ワシ(かな?)

s-IMG_5883.jpg


グアナコの群れ


湖もきれいなんだけど、やっぱり山がいい。このどーーーーん!!とそびえたつパイネグランデ。かっこいいなぁ。個人的には隣の山が気になった。途中ですっぱり色が変わる。地層が違うんですね。隣にも同じ地層が見える。きっと、私の立ってるこの下にも。もともとは同じ高さだったのに、今はこんなに遠くに見える。
地球ってすごいな。


s-IMG_5932_20090205233745.jpg

サルトグランデ。風の強さが半端なく、ほんと滝に落ちないか不安だった。

s-IMG_5951.jpg


グレイ氷河。流れてきた氷河がありました。青い。やっぱ氷河いいね。氷河自体を見るには湖の真ん中にできた、立ち入り禁止の砂利道をいきます。ほぼ全員がそこへ。ここ、風強すぎる。まっすぐ歩くのも一苦労。立ち入り禁止の理由がわかったw

s-IMG_6003.jpg


最後はミドロンの洞窟。体長3Mのミドロンの骨が見つかった場所。入場するには別料金。迷ったけど、せっかくだから行ってみる。
意外とおおきい!!噂よりはよかったです。

s-IMG_6045.jpg

s-IMG_6057.jpg



ツアーは楽だけど、やっぱりフィッツロイよりは感動薄かった。苦労して登るから感動が大きいんだな。


カラファテの情報ノートで知ったナタレスの宿は、今はほぼイスラエル人宿になってました。ちょっとビビりつつも、いい人多くて、ウシュアイアからのバスを一緒に調べてくれたり、楽しく過ごせた♪


部屋でしゃべってると、ひとりがコップとろうそくと本をもって入ってきた。ろうそくをつけて、ロウを垂らしながら、ひとりがなにかを早口で読む。合間合間に、みんながアーメンっていう。そう、読んでるのは聖書。最後にコップの中のミルクを回し飲む。

小さなミサだった。

普段は普通に旅の話したり、他のツーリストと変わらないけど、これにはびっくりした。
宗教。ユダヤ。ほんとに熱心なんだ。だから、戦争が起こるのかな、って思った。

彼らは私と同い年24歳が多い。それはアーミーを3年間終えた年。旅が終わったら大学に行くらしい。そのアーミーは訓練?ほんとに戦ってきたの?聞きたかったけど、聞けなかった。どこを旅していてもイスラエル人多い。でもたしかに北米では見なかったかも。。
いろいろ旅して、宗教や人種に寛容なイスラエル人が増えたら、平和になるのかな。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eriiisw.blog32.fc2.com/tb.php/111-3155ce96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。