上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チチカカ湖は富士山と張る高さにあります。すごいですね。広さもパッと見海かな?と思うくらい。

そんな湖の中の島、太陽の島に行ってきました。


日本人にはあまり人気がないこの島に行った理由。
ウシュアイアで会ったコウヘイさんが、「太陽の島は雲がやばい。島みたいな雲がみれるよ。」って言ってたから。空好き、雲好きの私にはそれだけで行く理由になりました。


12時着のバスが、途中パンクして1時着。1時半のフェリーに乗らないといけないので、どっかのホテルに荷物を半分あずけようと思ってましたが、急いでチケットを取って船に乗り込む。

s-IMG_7919.jpg


島に着くとすぐ客引きの男の子が。泊まる予定だし、20Bに値切ってついていく。
が、村があるのは丘を登ったところ。日本なら「100段階段」って名前がつくだろう、長い階段が待ち受けてた。

s-IMG_7932.jpg


普段なら楽勝。でも、ここは標高3800m。さらに15kgのバックパックつき。

手で運ぶのは無理だったので背負える型にしたものの、、、きつい。2段あがるだけで息が上がる。はぁはぁと呼吸の音が尋常じゃない。

客引きの子が5Bで運んであげると言ってくる。頼みたいところだけど、私の所持金は50B札のみ。頼めない。。。

何度も何度も休憩して、2回ほどやさしい欧米人のツーリストに手伝ってもらいながら宿到着。

しぬかと思った。太陽の島に来る時は荷物は軽めに来ましょう。


途中で手伝ってくれたアルゼンチン人“れあんどろ”と島を回ることに。後で知ったことだけど、彼のパスポート、カードのサインは全部日本語のひらがなで“れあんどろ”。確かにだれも真似できないからいいかもねw

夕日を見に行くも、雲多くてあまり見れず。でも、すごくきれいな景色。ほんとに海みたいに大きいチチカカ湖。段々畑を現地のおじちゃんおばちゃんたちがのんびりと通ります。

s-IMG_7946.jpg

s-IMG_7933.jpg


夕食は卵と野菜、米を買って久々の自炊☆

s-IMG_7959.jpg


オムレツー♪のつもりが、具入れ過ぎて丸まらず。案の定スクランブルエッグに。よくあることです。


夜、満点の星空を見に外へ。が、曇ってて見れず。


そして朝、雨。

れあんどろにポンチョをもらって重い荷物を持ちながら船へ。乗ってからは天気回復して気持ちいい船の旅でした。

そのまま一緒にペルーに抜けて、プーノの町を観光。そして最後だから、とディナーを御馳走してくれました。
素敵なレストランで、おいしいステーキ、デザートまで。。カードをお腹ポーチから出して払う彼はしっかり者でかっこよかったです。最近日本人と居ることが多かったので、久しぶりにレディーファーストとかを受けたりして、なんだか久しぶりに女子に戻った気がしましたwありがとう、れあんどろ。また、ブエノスで会おう!!

s-IMG_7949.jpg


コウヘイさんの言うような、空は見れなかったけど、、、いい出会い、いい景色、太陽の島に来てよかった♪


s-IMG_7937.jpg
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eriiisw.blog32.fc2.com/tb.php/127-69563da3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。