上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そう、本当にいろいろありました。

まず、何でツアーでマチュピチュに行ったのか。なぜなら私が行こうとしていた日がストライキだったから。ストライキだと、バスも電車も動かない。そのため、前日の電車もフル。前日にツアーのバスで行くしかなかったのです。

時間のない5人が集まり、ツアーに申し込みました。バスでいくので、途中観光ポイントを何個か寄ってくれるとあり、それも楽しみ♪バスで登山列車の駅まで行って、そこからマチュピチュ村まで電車。一泊して、マチュピチュへいくというもの。帰りも、電車とバスで帰ります。ストライキもエリアが外れるから大丈夫とのこと。

朝、7時15分にピックアップ。アルマス広場でバスを待つも、来ない。結局1時間以上遅れて到着。

そのあと、ツアーメンバーを拾い、途中銀行に寄ったり、お店に寄ったり、なぜかあるマス広場に2回も寄る。

なんか、、ガイドさん私用済ませてない??疑いの念がでてくる。

一度、オリャンタイタンボという町で買い物休憩。時間どおりにツアーメンバーは集まるも、ドライバーとガイドが遅れる。

まぁ、海外ではよくある話。心の広くなってる私は許してあげました。

s-IMG_8275.jpg


お昼いつだろうね。。なんて話してたら、小さな村に到着。15:45。Menu選んで待ってると、ガイドが16:30の電車だから急いで食べてください!!と急かしてきた。

食事到着15:55。ちなみにそこから駅までは25分かかるという。

はい??10分で食べろと??
あんたたちが1時間も遅れてきたんじゃん!!しかも観光してないし!!!!!!

最後に食事が到着した子は全部食べきれず。
まじ。ありえない。なんなのこれ(怒)


2分前に駅に着き、走って電車へ。何とか乗れた。

s-IMG_8291.jpg


夕食時にまた悪い知らせ。明日はストライキのため、電車が動きません。なので、電車の道を2時間かけて歩いて下ってきてください。と。

話がちがーう!!!

でも、ストライキだからしょうがないか、とマチュピチュ見て一日歩きとおしたあと、2時間半レールの上を歩きました。

s-IMG_8492.jpg

s-IMG_8498.jpg
この橋、脇に歩道ついてるんだけど、今にもはずれそうな鉄板ですごい怖い


やっと、下の駅に着いて、帰れる。と思ったら、、、

「ストライキで車に乗ってると石投げられたりして危ないので、近くの村で一泊します。」

は??

意味が分からない。なら、電車の道を歩かせないでくれ。それならマチュピチュで一泊して、もう一回見に行けたじゃん。ほかの欧米人たちもこれには怒り、スペイン語で大抗議。

結局、いけるとこまで行ってくれるとのこと。てか、当然でしょ。

11人乗りのバンに11人ぎっちり。
雨でぬれた靴、脱ぎたいけど、絶対臭い。旅行会社の人は9時頃つくって言ってたから、ペンション八幡の門限12時には間に合いそうだ。

ごはん休憩とって車へ。

ん??

異臭が!!

みんな我慢してた脱靴を誰かがしでかしたらしい!!

原因はKくん。山登りで足をひねって痛いらしい。

が、この狭い車内、匂いの充満は半端ない。きっと、誰もが靴脱いだらそうなるんだけど、、、今はまずいよwみんな(日本人だけ)騒ぎ出す。
足痛いのに、靴を履く羽目になるKくん。かわいそうに…でも、ここはクスコまで我慢してください。

残り香が残る車内。まだ騒ぐ日本人たち。その時。

フローラルな香りが!!!

チリ人の女の子マカが香水をふった。

ナイス!!!!!

一同拍手。香水とは、私たち日本人には考えもつきませんでした。窓あけるのが精いっぱい。無言でその場を和ませたマカはすごい!

はぁ。ひと段落♪

(Kくん、ネタにしてごめんね。)


夜になって寒くなる。幸いなことに3人椅子の真ん中に座ってた私は両サイドの体温で寒さは感じず。ありがとうw

で、12時5分前クスコ到着。

集合写真とって、急いでペンション八幡へ。12時には間に合ったけど、八幡さん寝てるし、部屋もあいてない。。しかたなく、近くのホステルへ一泊。



次の日。私たち5人は払い戻しの交渉しに、旅行会社にいきました。

まずは、帰りの電車代。これはすぐ返してくれた。まぁ、当たり前なんだけど。

で、ドライバーの遅刻で観光できなかったこと、昼ごはんを満足に食べれなかったこと、夜ついた時間が遅すぎること。文句の言いどころはたくさん。

英語のできる人だったので、英語で交渉。半額は返してもらわなきゃね。(ツアー代は約100ドル)なんて言ってたら、、

旅行会社「1ドルしか返せない」

え。なにそれ。

あまりの低さに言葉を失う。そして、動揺して口から出てきたのは、

私「5ドルは返してください」

私しょぼ!!!!言ってすぐ後悔。。20ドルくらい言っとけばよかった。。けど時すでに遅し。みんなごめんね。日本人、気が小さいんです。

理由としては、払うべきお金はすべて払ってしまったこと、ドライバーが遅れたのはストで遠回りしたから、電車もストのために30分早まったため、大急ぎのランチになってしまった、、、らしい。

実際、そうなのかもしれない。ツアー代も計算したら、そんなに高くない。けどさ。

私たちの気持ちは?楽しみしてたマチュピチュがあなたたちのせいで台無しよ?遅れるなら、観光の時間がないなら、ストで電車が早まるならその時に説明すべきでしょ??あなたに、謝罪の気持ちはないの??その分の代金が発生してもいいはずでしょ????

て、わかる限りの英語と日本語とアクションで伝えまくる。



もう疲れた。夜のバスでクスコを出る子もいる。

粘ること1時間半。結局帰ってきたのは、



ひとり3ドル。



情けない。。。完全に負けました。



そのあと、一人3ドル以上つかって中華を豪華に食べる。

この大変だった3日間をともにすごした仲間。一緒にいたのは3日間だけだったけど、感動、怒りを共有したのは大きい。

なんだかんだ、とてもいい思い出になりました。

s-IMG_8534.jpg



最終的にグラシアス!!!

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eriiisw.blog32.fc2.com/tb.php/131-b084e6ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。