上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気球乗りましたー!!80ドルと高いんですが、トルコのカッパドキアでは2万すると聞いてたし、いつかは乗ってみたいと思ってた気球。この際乗っちゃおう♪

5時にお迎え。河の反対側にわたり、乗るところへ。
バルーンでかっ!!!

s-IMG_1525.jpg

膨らまし過程にもわくわくの私。
けど、気づいてしまった。7時半から午前中のツアーが始まるんですが、私の組は最後。7時の時点でまだ私たちのは膨らましてない。まにあうのか???不安になって、バルーンのスタッフに、私のガイドに電話してもらう。

ノープロブレム。

あーこのノープロブレム。何回聞いたことだろう。ほんと信用ならない。けど、信じるしかない。でも何度も確認する。

結局、1個目の気球が降りるところに私たち最後組が行って乗り換えることに。
乗船7:20。あーだめだ。でも、気球は気球で楽しもう。

ゆっくりと空に上がり、ゆっくりと回転しながらルクソールの町の上を通る。もちろんBGM(鼻歌)は”気球に乗ってどこまでも”サビしか知らなかったことが発覚。同じメロディーをひたすら繰り返す。
遺跡の上は通らなかったんだけど、田圃で仕事してる人たち、こっちに手を振る子供、そして広々としたルクソールの景色。気持ちよかったー。

s-IMG_1561.jpg

s-IMG_1573.jpg
回収作業

降りたら謎のダンスパーティーがあり、そのあとに午前中はじめの観光ポイントでツアーメンバーと待ち合わせ。30分以上も遅らせてもらってほんと申し訳ない。でもよかった。


ルクソールは見どころいっぱい。

s-IMG_1600.jpg
エジプトの歴史上唯一の女王の葬祭殿

s-IMG_1656.jpg
ルクソール神殿。このオベリスク(塔)のもうひとつはパリのコンコルド広場にあります。お返しにフランスから貰った時計は今はもう止まっているそうで、返してほしい、とガイドさんは言ってました。(フランス人いないこと確かめてから)

s-IMG_1620.jpg

s-IMG_1640.jpg

カルナック神殿


私の一番感動したのは

王家の墓。

s-IMG_1606.jpg

墓の中は撮影禁止なので雰囲気だけ。
なにがすごいって、お墓の中の絵がすごい。ヨーロッパのような素晴らしさはないものの、2千年以上前の壁に描かれた絵が色つきで残ってる。その鮮やかさは最近描かれた、と思うほどのものも。そんな前からこんな文明があったなんて。古代ロマンといいますか。なんだか思うものがありました。


カイロに戻って、イスラム地区へ。ついたのが4:45。なんだか、5時までらしく、クローズクローズと言われる中、ちょっとだけ!!と無理やり入る。もちろん5時ぴったりに出る気なんてさらさらないwここはカイロで一番大きいモスクがあるところ。(名前忘れた)

s-IMG_1699.jpg


そういえば、初めてモスクに入る。
靴を脱いでなかへ。
めっちゃきれいだった。

s-IMG_1703.jpg


偶像崇拝が禁止されているので、絵とかはないけど、すばらしいイスラム美術、シャンデリア。早く出ろと言われてつつものんびり眺めてました。身近になかったイスラム、そっか、3大宗教だもんな。なんだか身近に感じました。

イスラムって言うと、テロとか、ネガティブなイメージが強い。
けど、来たらわかる。たしかにジハード(聖戦)はどうかと思うけど、普通の人はすごくいい人。アメリカ人の友達にエジプト行くって言ったら、ムスリムは兇暴だから気をつけろって言われた。なんかすごい腹立たしくて、めっちゃいいひとばっかりだよ!!てムスリムフォローしまくった。アメリカ人だって、同じだよ。現にこの旅で一番怖い思いをしたのはシアトルだったし。

うん、イスラムいい人多いんだよ。何回もいってるねw



そういえば、スーフィーもみた。イスラムの修行のひとつだったひたすらぐるぐる回るダンス。スカートはいてて、一枚づつ脱いでいきます。何かを期待した人もいるかもしれませんが、ダンサーは100%男です。むしろおじさんです。残念です。


s-IMG_1301.jpg

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eriiisw.blog32.fc2.com/tb.php/155-c04d54c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。