上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本の一大文化マンガ、アニメ。どの国でも、その国の言葉に翻訳された漫画を見ました。

ここブリュッセルもマンガで有名。タンタン(ほんとはTINTIN)を始め、たくさんのマンガがあります。日本と違うのは、ほとんどが絵本のように大きく、カラー。子供向けのものから、大人向け、歴史ものも多いのが特徴です。フランス語もオランダ語もわからないから絵を見るだけだけど、面白かった。

s-IMG_6662.jpg

本屋がやたら多く、マンガを置いてる店、宗教関係の本の店、ART関連の店、ジャンルごとに分かれていました。本屋好きにはたまらない♪
街の中心地に図書館があるのもよかった。時間を持て余してたから、ほぼ毎日いってトイレ借りたり、写真集見たり、雨宿りしたり、お世話になってました。

あと、毎日インフォメーションに行ってた。ネットフリーだから。ありがたいです。



気になってたオルタ美術館に行ってみた。地図上ではちょっと遠そう。けど、宿から中心地まで毎日30分歩いてるわたしにはもう30分って思ったら、いける!そう気づいたのでした。

ブリュッセルにはアールヌーボー建築がところどころに見られます。

s-IMG_6750.jpg

s-IMG_6754.jpg
レストランと思われる。まだ開店前だから勝手に入って写真撮ってたw


そのなかでも、アールヌーボーの父と言われるオルタ氏の自宅がmuseumになってるのです。本屋で写真見てたからそのきれいさを見てみたかった。

なかは撮影禁止だったので、お見せできないのが残念。すべての直線を排除したといわれるだけあって、曲線美がすばらしい。とくに階段は見とれてしまうほど。手すりのデザインの柔らかさも素敵だし、天窓のステンドグラス(?)も淡い色で、曲線デザインがきれい。

部屋の内部に、日本や中国のものがあった。そういえば、曲線か。東洋人ながらアールヌーボーとの関連に初めて気づいた。

美術館のチケットに書かれた他の建築も見に行ってみた。ほかは、今は個人の建物なので外から見るだけだけど、バルコニーのデザインなど、素敵だった。

s-IMG_6771.jpg
s-IMG_6774.jpg


ヨーロッパ、さすがです。

4泊もして、やっとユーラシア大陸をでました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eriiisw.blog32.fc2.com/tb.php/198-a45c21ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。