上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カンボジアへ行ってきました。
4日間の弾丸ツアーです。そのうち2日は移動のみwいやーつかれた。

初の歩いて国境越え。ありのりみたく、せーのってみんなで手つないでやりたかったけど、ぐんぐん進むスタッフについて行くのに必死wなんとか写真撮る。

s-IMG_1306.jpg


ツアー予定によると、国境からは悪路を通ってシェムリアップ(アンコールワットのある街)に。と書いてあったので、どんなかなーと思ったら。ひどい。国境出てすぐなんて、まるで舗装されてません。んで、雨季と乾季の境なもんだから、ぬかるむ。ツアースタッフの人が親切に荷物運んでくれるんだけど、、小さなぬかるみならそのままゴロゴロ。あー汚れてくー。諦めました。

s-IMG_1310.jpg

国境からタクシーのり場までは歩く。

そのあとも、舗装された道も出てくるけど、基本でこぼこ道。ものすごい振動です。ものすごい音です。もう笑いが出てきます。フロントガラスはヒビ入ってるし。両替所までは後部座席に大人4人(うち女は私一人)。

スタッフが一人降りて余裕出てきたら、途中で運転手のおじちゃんが、道を歩いてる子に声かけてる。そんで乗り込んでくる。

s-IMG_1317.jpg

一応気を使って前にのせてくれた。

娘さんかね。学校遠くて大変だもんね。なんてツアーの人と話してたら、女の子降りて運転手にお金払ってる。
商売かよ!!
その後も何人かに声かけてたけど、みなさん連れず。てか、おっちゃん。今あなた仕事中よ?休憩所はおっちゃんの女の店(屋台)。自由だな~

s-IMG_1340.jpg


何気に楽しい道すがらも、だんだん飽きてくる。
気づいたら、悪路の中爆睡。寝顔見られたし、大口開けて爆睡してたねって笑われるし、初日からイメージダウンです。まぁもともと初日からすっぴんだけど。

シェムリアップに入ると街灯はあるし、道はアスファルトだし、文明万歳。街灯の素晴らしさ感じました。そういえば昔、電波少年の企画で舗装してた道はどこのことなんだろう?


次の日は5時に集合して朝日を見に行きます。
アンコールワットは朝日が一番!と聞いていたので、楽しみ!!
薄暗いなか、チケットの写真(アンコールワット遺跡群へのチケットは写真付)をとり、いざアンコールワットへ。

日は昇ってないけど、ぼんやりとシルエットが見える。写真でなんとなく形も知ってたけど、思ってたよりでかい。幻想的な雰囲気ですでに感動。

水も張っているので、池が鏡に。



s-IMG_1374.jpg



素晴らしい日の出でした。今は正面右から太陽上がるけど、春分の日、秋分の日には太陽は真ん中の塔の真上から上がるそうです。行きのバスで、アンコールワットが大好きで、写真を撮るためにカンボジアに部屋を借りた、というおじさんに会いました。最初話聞いてると、すごいな、、、と引き気味だったけど、ちょっと気持ちがわかるような気がしました。真中から出るの見てみたい。


この日は午前中にアンコールトム。大きな町という意味の遺跡。壁には庶民の暮らしが彫刻されていました。食事とか、出産とか。

s-IMG_1465.jpg


トプロム。修復されていないため、がじゅまるの樹が遺跡を侵食してしまいました。トゥームレーダーのロケ地。アンジーファン(ツアーメンバーに一人いた)にはたまらないみたいです。

s-IMG_1531.jpg


午後はアンコールワット。
朝とは全然雰囲気が違う。今まで全く知らなかったヒンドゥー教の話の聞けて、興味深かった。(アンコールワットはヒンドゥー教の建物、アンコールトムは仏教とヒンドゥー教が混ざってる)仏教とヒンドゥー教には同じ神様が出てくる。呼び名は違うんだけど。こんな大きな2つの宗教に共通点があることにびっくりした。インドで仏教が生まれたのに、今はヒンドゥー教徒が多いのはなにか宗教間でつながりがあるからかなぁ。自分の無恥さが恥ずかしくなる。勉強してみたくなった。

s-IMG_1621.jpg



そのあとに夕日見に行きました。
長くなってしまったので、続きは次回!




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eriiisw.blog32.fc2.com/tb.php/74-69dd343d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。