上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の写真アップしました!



マザーハウスのボランティアが木曜休みのため、一日フリーになった。

やっと出かけるか。と部屋をでたら、インド人に話しかけられるも、何いってるのかよくわからない(英語)。何?って聞いてると、オーナーに手招きされる。何かと思ったら、裏の学校の集会をみてる。窓から学校の中庭がみえるので、しばし見学。たくさんの子供たちが並んでて、前には台。拍手、歓声のなかあらわれたのは人気なのか一人の先生らしきひと。コント、いや劇を始めた。気づいたら5人くらい登場人物がいて、なにやら叫びまくっている。ヒンディー語のため全くわからないが、子どもたち、先生たち、みんな大盛り上がり。携帯保持者は写メ撮りまくってる。子供たちの教育にいいのか?


そのあと、宿にいた日本人女性と話すことに。香港行くらしく、私のとまってたところを勧める。彼女はインド人の彼がいて、一緒に旅してるらしい。結婚したって話も聞くし、インド人、日本人カップル多いみたい。怪しい→信用できる→好きになる瞬間が来るのか。時間がかかりそうだなぁ。短期で回ってる私には無理そうだ。

公園で、サンディーというおじさんとはなす。なんか付いてくる。怪しい。。。ヴィクトリアメモリアルにいくというと、案内してくれる。写真スポットになると教えてくれる。ボタニカルガーデンを紹介され、バスでいくのにすっごい迷ったけど、ついて行ってみる。

s-IMG_1950.jpg
モイダン公園

s-IMG_1959.jpg
ヴィクトリアメモリアル


自分ひとりじゃいけなかっただろうバスに乗り、ガーデンへ。私は本を読みたかったから、あとは一人でいいよ。というと、本を読んでる間まってる、ノープロブレム。嫌なら去るけど、と。いやじゃないけどさ、サンディーは暇だよ?まぁいいか。

s-IMG_1966.jpg

ガーデン内のハス。


夕飯断ったあたりから、私が怪しんでいることに気づいたらしく、それについて話す。彼はツーリストと話すのが好きらしい。違う国の話は勉強になると。危ないインド人もたまにいるが、自分はno money no sexだと。宿の話をしてると、紹介してくれたラジャのことを知っていた。ラジャは日本人の奥さんを持っていて、奥さんもすごくいい人。信用できる。サンディーも信じれるのかな。。
一本の木が250に枝分かれしている大きな木を見に行く。もちろんサンディー案内。これはすごかった。元の木は台風でダメになって、もうないが、枝分かれした木が、地面に着いて、また根を広げる。まるで一本の木のように。

s-IMG_1975.jpg
バニヤンの樹


いいベンチを見つけて本を読む。サンディー暇そう。ついに、先にいくといいだした。が、広い公園で自力で出口に帰れる自信がなかったので一緒に帰る。バスにのって。そのあとも2か所くらいまわって、最後に私のバス亭まで送ってくれた。彼は違う用事があったのでそこに残った。

結論。いい人だった。世話好き、話好きのおじさんだった。
そういえば、彼のおかげで一日コルコタ観光ができた。有意義になった。

インド人て、こういう世話好きが多いのかもしれない。
これも、一つの文化なのかも。
悪いことしたな。でも、まだインドに慣れない私は自分を守るためにすべてを疑うしかしょうがないのかも。それでは楽しみきれないともおもう。インド人とのやり取りが楽しくなったら、インドにまた来たい、と思うのかもな。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eriiisw.blog32.fc2.com/tb.php/77-cc9042b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。